神社検定/神道文化検定/知ってますか?日本のこころ
神社検定・神道文化検定
 令和元年06月16日(日) 第8回 神社検定(神道文化検定) 参級(3級)
  • 神社検定とは
  • お申込みについて
  • テキスト・問題集のご案内
  • お問合せ
  • ご当地「授与品」あれこれ
    第26回 真山神社(しんざんじんじゃ) 「病気平癒守」

    「悪い子はいねがー」「泣ぐ子はいねがー」。恐ろしげな仮面と腰蓑を着け、家々を訪れる「なまはげ」は、秋田県の男鹿半島周辺の伝統的な民俗行事。「男鹿のナマハゲ」として、国の重要無形民俗文化財に指定されているほか、「来訪神:仮面・仮装の神々」のひとつとして、ユネスコの無形文化遺産にも登録されています。

    なまはげと縁が深いのが、男鹿市にある真山(567M)山頂に鎮座する真山神社。正月三日、境内で焚き上げるかがり火で大餅をあぶり、お山の神に献ずる「柴灯祭」(せどまつり)には、餅を受け取るため、神の使者とされる「なまはげ」が登場します。また、2月第二金・土・日曜日には、境内で男鹿市の行事「なまはげ柴灯祭」が行われます。

    真山神社の「病気平癒守」は、病や困難からの回復を祈願するお守り。お守り袋にデザインされているのは、樹齢千百年の御神木の榧(かや)の木の力強い姿と、こちらをかっと睨みつける「なまはげ」の面。持つ人を叱咤激励してくれるようです。

     

    木箱に納められた「病気平癒守」1200円。片面には御神木の榧(かや)の木、片面には「なまはげ」がデザインされている
    木箱に納められた「病気平癒守」1200円。片面には御神木の榧(かや)の木、片面には「なまはげ」がデザインされている
    かやのき
    かやのき

    真山神社

    所在地:秋田県男鹿市北浦真山字水喰沢97
    ☎0185 -33-3033
    http://www.namahage.ne.jp/~shinzanjinja/
    ご当地「授与品」あれこれ / 令和元年05月15日
    記事一覧
    第27回 彌髙神社(いやたかじんじゃ) 「SNS御守」 - 令和元年06月11日
    第26回 真山神社(しんざんじんじゃ) 「病気平癒守」 - 令和元年05月15日
    第25回 居合神社 「御守」「芽が出るだるま」 - 平成31年01月23日
    第24回 日光東照宮 「三猿御守」 - 平成30年08月24日
    第23回 丹生川上(にうかわかみ)神社 - 平成30年06月12日
    第22回 波上宮 「交通安全守」「フーフダ」 - 平成30年05月15日
    第21回 熱田神宮 「白鳥守」「勝守」 - 平成30年04月13日
    第20回 神宮 「開運鈴守」 - 平成30年03月15日
    第19回 三峯神社 「火切りたこ」 - 平成30年02月26日
    第18回 三嶋大社 「あきないえびす」 - 平成30年01月10日