神社検定/神道文化検定/知ってますか?日本のこころ
神社検定・神道文化検定
 令和元年06月16日(日) 第8回 神社検定(神道文化検定) 参級(3級)
  • 神社検定とは
  • お申込みについて
  • テキスト・問題集のご案内
  • お問合せ
  • ご当地「授与品」あれこれ
    第25回 居合神社 「御守」「芽が出るだるま」

    「居合」は、座った状態から素早く刀を抜き、敵を斬る武道。その始祖とされる戦国~江戸初期の剣客・林崎甚助重信(はやしざきじんすけしげのぶ)を祀るのが、山形県村山市の居合神社です。

    社伝によれば、闇討ちにより父を亡くした重信は、天文年間、地元の祖神である熊野明神に祈願参籠し修行に励み、熊野明神より「神妙秘術の純粋抜刀」を授かりました。その後、京にのぼって仇討ちを成し遂げると、各地で門弟を育成して抜刀の術を広め、居合の基礎を確立したといいます。

    没後、重信は境内の一角に「居合明神」として祀られました。明治時代には「熊野神社」に「居合神社」が合祀されて、正式名称「熊野・居合両神社」となり、現在に至ります。江戸時代より現在まで、居合や剣術の修行をする参詣者が多く、境内では毎年、奉納演武も行われています。

    そんな同社の御守は、居合にちなんで、小さな刀身のモチーフが納められたもの。諸願成就が祈願されています。

    もうひとつ、ユニークな授与品が「芽が出るだるま」。だるまの顔を俯けると、目が飛び出すしかけは、「芽が出る」とかけたシャレ。だるまの頭頂部から内側を覗くと、そこには林崎甚助重信翁の姿が。「努力すれば、いつかは芽が出るぞ」と、語りかけているようです。

    刀身のモチーフを納めた「御守」300円
    刀身のモチーフを納めた「御守」300円
    顔を俯けると目が飛び出す「芽が出るだるま」 500円
    顔を俯けると目が飛び出す「芽が出るだるま」 500円
    居合神社の社殿
    居合神社の社殿
    居合神社

    所在地:山形県村山市大字林崎85
    ☎0237-55-2111
    http://www.iaijinja.jp/
    ご当地「授与品」あれこれ / 平成31年01月23日
    記事一覧
    第27回 彌髙神社(いやたかじんじゃ) 「SNS御守」 - 令和元年06月11日
    第26回 真山神社(しんざんじんじゃ) 「病気平癒守」 - 令和元年05月15日
    第25回 居合神社 「御守」「芽が出るだるま」 - 平成31年01月23日
    第24回 日光東照宮 「三猿御守」 - 平成30年08月24日
    第23回 丹生川上(にうかわかみ)神社 - 平成30年06月12日
    第22回 波上宮 「交通安全守」「フーフダ」 - 平成30年05月15日
    第21回 熱田神宮 「白鳥守」「勝守」 - 平成30年04月13日
    第20回 神宮 「開運鈴守」 - 平成30年03月15日
    第19回 三峯神社 「火切りたこ」 - 平成30年02月26日
    第18回 三嶋大社 「あきないえびす」 - 平成30年01月10日