神社検定/神道文化検定/知ってますか?日本のこころ
神社検定・神道文化検定
平成29年06月18日(日) 第6回 神社検定 参級(3級)
  • 神社検定とは
  • お申込みについて
  • テキスト・問題集のご案内
  • お問合せ
  • 参拝後のお楽しみ「諸国味詣で」
    第6回 千葉県・香取神宮の「草だんご」

    千葉県香取市の香取神宮で、毎年12月におこなわれる團碁祭(団子神事)は、相殿神・比咩大神の神事といわれる。神酒は供えられず、だんごが奉られる独特のお祭りだ。神事が終了するとその団子は参拝者にわけられ、それをいただくと一年間、無病息災といわれている。その祭りの故もあって、同宮の参道には、だんごをお土産に販売する店が軒を並べる。

    境内の深い緑に包まれた中に店を構える「寒香亭」では、直径三㌢程の「草だんご」を目の前で捏ねてくれる。甘さは控え目ながら小豆の味が活きている。

    季節限定だが、4月から6月頃に、神域の亀甲山から蓬の葉を摘み、蒸した米の粉とともにつくその味は、一度、食べたら忘れられないものとなる。

    ●お問合せ 「寒香亭」 TEL 0478-57-0250

    寒香亭
    寒香亭
    香取団子
    香取団子
    香取神宮
    香取神宮
    香取神宮

    古くから国家鎮護の神として皇室からの御崇敬が最も篤く。特に『神宮』の御称号(明治以前には伊勢・香取・鹿島のみ)を以て奉祀されており、中世以降は下総国の一宮、明治以後の社格制では官幣大社に列し、昭和17年、勅祭社に治定され今日に至っています。
     奈良の春日大社、宮城の鹽竈神社を始めとして、香取大神を御祭神とする神社は全国各地に及んでいて、広く尊崇をあつめています。
     一般からは家内安全、産業(農業・商工業)指導の神、海上守護、心願成就、縁結、安産の神として深く信仰されています。さらに、その武徳は平和・外交の祖神として、勝運、交通 安全、災難除けの神としても有名です。(香取神宮HPより)
    参拝後のお楽しみ「諸国味詣で」 / 平成26年12月20日
    記事一覧
    第9回 東京・芝大神宮の「生姜」 - 平成27年09月01日
    第8回 神奈川・大山阿夫利神社の「大山豆腐」 - 平成27年03月13日
    第7回 愛媛・大山祇神社の「おこぜ」 - 平成27年02月06日
    第6回 千葉県・香取神宮の「草だんご」 - 平成26年12月20日
    第5回  京都・賀茂御祖神社の「御手洗団子」 - 平成26年08月01日
    第4回 富山・日枝神社の「朔日饅頭」 - 平成26年05月30日
    第3回 東京・亀戸天神社の「くず餅」 - 平成26年05月26日
    第2回 福島・南湖神社の「南湖だんご」 - 平成26年05月09日
    第1回 京都・今宮神社の「あぶり餅」 - 平成26年04月28日