神社検定/神道文化検定/知ってますか?日本のこころ
神社検定・神道文化検定
平成29年06月18日(日) 第6回 神社検定 参級(3級)
  • 神社検定とは
  • お申込みについて
  • テキスト・問題集のご案内
  • お問合せ
  • ご当地「授与品」あれこれ
    第16回 熊野速玉大社 「なぎ人形」

    熊野本宮大社、熊野那智大社とともに熊野三山と呼ばれる熊野速玉大社。主祭神は伊弉諾尊(いざなぎのみこと)とされる熊野速玉大神です。摂社・神倉神社の御神体は、神代のころ熊野の神々が降臨されたと伝わる神倉山の巨石・ゴトビキ岩で、景行天皇五十八年に現社地に新たな宮を造営してお遷りになり、「新宮」と号したと伝わります。

    熊野速玉大社の境内には、平重盛のお手植えと伝わる梛(なぎ)の大樹がそびえています。梛の木は古来、熊野の神を象徴するご神木として尊ばれ、名が凪(なぎ)に通じるとして、その葉はとくに船乗りの間で災難除けとして信仰されてきました。熊野参詣の人々は、道中の安全を祈り、この葉を懐中に納めてお参りすることが習わしとされています。また、縦方向に引っ張っても容易に切れないことから、梛の葉や実には夫婦円満や縁結びの信仰もあります。

    熊野速玉大社のご神木の梛の実でつくられた「なぎ人形」は、男女一対のかわいらしい柱掛け人形で、家内安全や縁結びにご利益があるといいます。掛け札に書かれた和歌「千早ぶる くまのの宮のなぎの葉を かわらぬ千代のためしにぞ折る」は、建仁元年(1201)に後鳥羽上皇の熊野御幸に随行した藤原定家が詠んだもの。梛の葉を手折って参詣した往時の様子が伝わってきます。

    「なぎ人形」1500円(税込)<br>人形の頭部はご神木の梛の実でつくられている。
    「なぎ人形」1500円(税込)
    人形の頭部はご神木の梛の実でつくられている。

    熊野速玉大社

    和歌山県新宮市新宮1番地
    ☎0735-22-2533
    http://kumanohayatama.jp/
    ご当地「授与品」あれこれ / 平成29年10月31日
    記事一覧
    第16回 熊野速玉大社 「なぎ人形」 - 平成29年10月31日
    第15回 熊野那智大社「えん結びの糸」 - 平成29年04月05日
    第14回 諏訪大社「御柱守」「板朱印」 - 平成28年04月13日
    第13回 北海道神宮「神宮の梅」「神宮の桜」 - 平成28年03月31日
    第12回 橿原神宮「八咫烏健康守」「蹴球守」「勝ち守」 - 平成28年03月04日
    第11回 大山祇神社「兜ホルダー守」「勝御籤」 - 平成28年02月18日
    第10回 宇佐神宮「お守」「亀守」 - 平成27年12月10日
    第9回 厳島神社「宮島杓子」 - 平成27年08月12日
    第8回 吉備津神社「桃太郎絵馬」 - 平成27年07月01日
    第7回 八坂神社「蘇民将来守」 - 平成27年05月22日