神社検定/神道文化検定/知ってますか?日本のこころ
神社検定・神道文化検定
平成30年06月10日(日) 第7回 神社検定 弐級(2級)
  • 神社検定とは
  • お申込みについて
  • テキスト・問題集のご案内
  • お問合せ
  • ご当地「授与品」あれこれ
    第6回 出羽三山神社「験力守」「午年ご縁年扇子」

    「出羽三山」とは月山(がっさん)、羽黒山(はぐろさん)、湯殿山(ゆどのさん)の総称で、推古天皇元年(593年)、第32代崇峻(すしゅん)天皇の皇子・蜂子皇子(はちこのおうじ)が開かれたと伝わります。かつては霊山を行場として修業を行う日本独自の山岳信仰である修験道(しゅげんどう)の山で、神仏習合の色濃い霊場でした。明治以降は神山となりましたが、開山以来の羽黒派古修験道は継承され、羽黒山麓の手向(とうげ)集落の修験者(山伏)による「冬の峰」などの行が現在も行われています。

    そんな出羽三山神社ならではの授与品が、こちらの「験力守」(げんりきまもり)。羽黒山伏の霊験あらたかな験力が込められています。お守袋には、山伏の装束の市松模様と魔除けの唐獅子がデザインされ、本願達成のお守として「参拝者守護」の願いが込められています。

    また、平成26年は羽黒山のご縁年である午歳(うまどし)にあたり、さまざまな記念事業が行われています。授与品では、馬の絵が描かれた白扇子も。記念すべき年の参拝の思い出の品として、いかがでしょうか。

    ※「験力守」「午年ご縁年扇子」は出羽神社だけの頒布です。

    羽黒山午歳御縁年扇子 1000円<br>験力守 800円
    羽黒山午歳御縁年扇子 1000円
    験力守 800円
    出羽神社境内を巡拝する羽黒山伏
    出羽神社境内を巡拝する羽黒山伏
    出羽三山神社(月山神社・出羽神社・湯殿山神社)

    山形県鶴岡市羽黒町手向字手向7
    TEL.0235-62-2355
    http://www.dewasanzan.jp/
    ご当地「授与品」あれこれ / 平成26年11月12日
    記事一覧
    第24回 日光東照宮 「三猿御守」 - 平成30年08月24日
    第23回 丹生川上(にうかわかみ)神社 - 平成30年06月12日
    第22回 波上宮 「交通安全守」「フーフダ」 - 平成30年05月15日
    第21回 熱田神宮 「白鳥守」「勝守」 - 平成30年04月13日
    第20回 神宮 「開運鈴守」 - 平成30年03月15日
    第19回 三峯神社 「火切りたこ」 - 平成30年02月26日
    第18回 三嶋大社 「あきないえびす」 - 平成30年01月10日
    第17回 熊野本宮大社 「和の守」 - 平成29年12月08日
    第16回 熊野速玉大社 「なぎ人形」 - 平成29年10月31日
    第15回 熊野那智大社「えん結びの糸」 - 平成29年04月05日